イントレプレナー
養成カリキュラム価値に根差した行動様式を体得し、スタートアップと大企業の
両方を知る、半年間の実践的カリキュラム

価値に根差した行動様式を体得し、
スタートアップと大企業の両方を知る、
半年間の実践的カリキュラム

イントレプレナーとは?What is an Intrapreneur?

uTIEでは、価値に根差して行動できること、スタートアップの成長モデルを理解していること、大企業の論理を熟知していることの3点を「イントレプレナー」の要件と定義しています。このような人材は、従来の「イントレプレナー」のイメージ通りに社内で価値のあるプロダクト・サービスを創出するだけでなく、スタートアップとの協業において橋渡し役も担える人材であり、大企業だけでなくエコシステム全体にとっても貴重な人材であると考えています。

イントレプレナー養成カリキュラムでは、豪華講師陣によるレクチャーや、経験豊富なメンターによる個別指導を受講生に提供し、イントレプレナーになるまでの成長を全力でサポートして参ります。

価値を根ざして行動できる 大企業の倫理を熟知 スタートアップの成長モデルを理解

カリキュラムの構成Curriculum Contents

本カリキュラムは3部構成となっております。
(1)スタートアップ概論(2)アントレプレナーシップ(3)イントレプレナーシップ

本カリキュラムは、
(1)スタートアップ概論
(2)アントレプレナーシップ
(3)イントレプレナーシップ
3部で構成されております。

1スタートアップ概論

スタートアップ概論の部では、スタートアップの成長モデルを理解した上で、スタートアップを取り巻くエコシステム、その中での戦い方について学びます。また、東京大学の強みでもある技術系スタートアップの特徴や留意点も学びます。

講演では、スタートアップ創業者やVCを招き、リアルな体験談を共有していただきます。

授業日程
  • イントロ 2021.10.01
    オリエンテーション
    渡部 俊也東京大学 執行役・副学長 産学協創推進本部長
  • 講義 2021.10.08
    スタートアップ概論
    馬田 隆明東京大学産学協創推進本部ディレクター FoundXおよび本郷テックガレージ担当
  • 講義 2021.10.15
    スタートアップの戦い方
    須賀 宏典みずほ証券 企業公開第一部長
  • 講義 2021.10.22
    技術系スタートアップ概論
    篠澤 裕介リバネス 創業開発事業部長
  • 講演 2021.11.19
    スタートアップ体験談
    辻中 仁士ナウキャスト 代表取締役CEO
  • 講演 2021.12.03
    VCのビジネスモデル
    鷺山 昌多Beyond Next Ventures 執行役員
  • 講演 2021.12.17
    技術系スタートアップ体験談
    窪田 規一ペプチドリーム 創業者

2アントレプレナーシップ

アントレプレナーシップの部では、経験豊富なメンターを配置した
上で、スタートアップ流の事業立上げに着手します。具体的には、受講者が実事業のアイデアを持ち込み、最終的に事業計画書を作成し、講義最終回でVCにピッチします。
補完的な講義として、資本政策や知財管理、法務等の実務に関する講義も設置します。

授業日程
  • 演習 2021.10.29
    Will発掘
    大川 陽介LoanDEAL 最高顧客責任者
  • 演習 2021.11.05
    初期仮説の整理
    メンター制
  • 演習 2021.11.12-12.03 毎週金曜日
    顧客ニーズの検証
    メンター制
  • 演習 2021.12.17
    プロダクト仮説の更新
    メンター制
  • 演習 2022.01.28
    事業計画書(骨子)
    メンター制
  • 講義 2021.12.24
    スタートアップの実務

    山本 貴史東京大学TLO 代表取締役社長

    長谷川 克也東京大学産学協創推進本部 スタートアップ推進部長・特任教授

3イントレプレナーシップ

イントレプレナーシップの部では、大企業の文脈でオープンイノベーションや様々な社内制度(例:M&A、VC出資、CVC、アクセラレーター、自社R&D)について学びます。その上で、アントレプレナーシップの部で取り組んだ演習の成果をピッチおよび事業計画書としてまとめます。講義最終回では投資家を想定したピッチを行い、講義終了後には所属企業内で事業計画書の報告を行います。

講演会では、CVCや大企業のスタートアップ協業担当者を招き、リアルな体験談を提供します。

※注:実事業のアイデアを扱うため、講義内の最終報告は情報の秘匿性に留意して実施します。

※注2:講座内容を今後、追加する可能性があり、それにともない一部講座の時間変更が生じる可能性があります。

授業日程
  • 講義 2022.01.14
    マクロトレンド
    鈴木 香菜Arthur D. Little プリンシパル
  • 講義 2022.01.21
    大企業の社内制度
    津田 真吾INDEE Japan 代表取締役 テクニカルディレクター 共同創業者
  • 演習 2022.02.25
    事業計画書(詳細)
    メンター制
  • 演習 2022.03.04
    最終報告会
    メンター制
  • 講演 2022.02.04
    CVCのビジネスモデル
    森下 隆旭化成アメリカ Corporate Venture Capital General Manager
  • 講演 2022.02.11
    大企業とスタートアップの協業
    坂 祐太郎JAFCO プリンシパル
  • 講演 2022.02.18
    出向起業
    奥山 恵太経済産業省 経済産業政策局 産業人材課 課長補佐

講師陣のご紹介Introduction of the lecturers

本カリキュラムでは、東京大学の教職員のほか、起業家やVC等の外部エキスパートも含め、豪華な講師陣にご登壇いただきます。

※注:講座内容を今後、追加する可能性があり、それにともない下記以外の講師も登壇される可能性があります。

渡部 俊也東京大学 執行役・副学長 産学協創推進本部長
渡部 俊也東京大学 執行役・副学長 産学協創推進本部長

1998年東京大学先端科学技術研究センター情報機能材料客員教授、2001年より教授。2021年現在、執行役・副学長、未来ビジョン研究センター教授、東京大学産学協創推進本部長、工学系研究科技術経営戦略学専攻教授(兼)等、複数ポストを務める。

馬田 隆明東京大学 産学協創推進本部 ディレクター FoundXおよび 本郷テックガレージ担当
馬田 隆明東京大学 産学協創推進本部 ディレクター FoundXおよび 本郷テックガレージ担当

日本マイクロソフトでテクニカルエバンジェリストとしてスタートアップ支援を行った後、2016 年 6 月より現職で引き続きスタートアップ支援に従事。著書に『逆説のスタートアップ思考』『成功する起業家は居場所を選ぶ』『未来を実装する』。

須賀 宏典みずほ証券 企業公開第一部長
須賀 宏典みずほ証券 企業公開第一部長

2004年入社以降、みずほ証券にてIPO・MBO等、投資銀行業務に従事。2019年度、2020年度の現部長職にてIPO主幹事14社上場(東証一部市場変更、JBR含む)。2004年入社以降の主なIPO企業:アイスタイル、ペプチドリーム、ビジョン、インソース、ウェルビー、自律制御システム研究所、モダリス、ニューラルポケット、メドレー、他多数。

篠澤裕介リバネス 創業開発事業部長
篠澤裕介リバネス 創業開発事業部長

PR会社を経て2009年にリバネス入社。海外研修事業、メディア開発事業、シードアクセラレーション事業「TECH PLANTER」を立ち上げた後、2015年よりリアルテックファンドのグロースマネージャーに着任。2018年より創業開発事業部長。起業でなく「創業」をテーマに活動中。

辻中 仁士ナウキャスト 代表取締役CEO
辻中 仁士ナウキャスト 代表取締役CEO

日本銀行にて調査統計局、下関支店及び企画局に勤務し、統計業務や経済調査業務に従事。2015年9月よりナウキャストにてシニアアナリスト兼セールスマネージャーとして事業開発を推進し、2019年2月より現職。

鷺山 昌多Beyond Next Ventures執行役員
鷺山 昌多Beyond Next Ventures執行役員

中央大学商学部卒、総合人材サービス企業にて研究開発型スタートアップ向けの経営人材紹介サービスを立ち上げる。2017年当社に参画。投資先スタートアップの組織支援および、起業家・社内起業家の育成プログラムの担当を務める。

窪田 規一ペプチドリーム創業者
窪田 規一ペプチドリーム創業者

Special Reference Laboratoryで20年間にわたり臨床検査・診断・治療の経験を積んだ後、2006年にペプチドリームを創立。2013年に東証・マザーズに上場。その後、東証一部上場を果たし、時価総額5,000億円を達成。文部科学省、経済産業省等のプロジェクトにも多数参加。

大川 陽介LoanDEAL 最高顧客責任者
大川 陽介LoanDEAL 最高顧客責任者

2005年富士ゼロックスへ入社。SE、営業、コンサル等を経て、外部との共創活動に従事。2016年、大企業有志から成るONE JAPANを共同設立し、挑戦する個人の覚醒に挑む。現在はローンディールにて、WILL発掘を通じて挑戦者の壁打ちや言語化を支援。

山本 貴史東京大学TLO 代表取締役社長
山本 貴史東京大学TLO 代表取締役社長

1985年、株式会社リクルートに入社。採用関係の営業・企画を経て、産学連携による技術移転のスキームを提案・事業化。2000年より現職。米国スタンフォード大学OTLの創始者ニルス・ライマース氏との独占的コンサルティング契約の下、米国の技術移転を研究。

長谷川 克也東京大学産学協創推進本部 スタートアップ推進部長・特任教授
長谷川 克也東京大学産学協創推進本部 スタートアップ推進部長・特任教授

1982年に松下電器産業(パナソニック)入社後、半導体LSIの研究開発を経て、2002年までシリコンバレーでCVC事業に従事。その間、スタンォード大学客員研究員を2年務める。2009年より東京大学にて大学発スタートアップの支援及び起業家教育を担当。

鈴木 香菜Arthur D. Little プリンシパル
鈴木 香菜Arthur D. Little プリンシパル

東京大学工学系研究科を修了後、国内シンクタンクを経て、Arthur D. Little Japanに参画。日本のEnergy &Utility Practiceをリードし、企業向けに新規事業立案、ポートフォリオ変革、官公庁向けの産業政策支援などを担当。近年は、カーボンニュートラルやサスティナビリティに注力。

津田 真吾INDEE Japan 代表取締役 テクニカルディレクター 共同創業者
津田 真吾INDEE Japan 代表取締役 テクニカルディレクター 共同創業者

日本IBM社内ベンチャーのエンジニア、コンサルティング会社の幹部を経て、2011年に“新規事業の特殊部隊”であるINDEE Japanを共同創業。シードアクセラレーターZENTECH DOJOも設立し、UBIEやMiCAN Technologies等への投資実績を有する。

森下 隆旭化成アメリカ Corporate Venture Capital General Manager
森下 隆旭化成アメリカ Corporate Venture Capital General Manager

2008年、旭化成CVCを設立し、ゼネラルマネジャーに就任。これまで欧米30社以上のベンチャーに投資し、2社を買収。投資先の取締役として経営参画や上場、資産売却等を経験。ベンチャー投資関連実務及び戦略的提携を用いた新規事業開発に15年以上の経験あり。

坂 祐太郎JAFCO プリンシパル
坂 祐太郎JAFCO プリンシパル

2012年ジャフコに新卒入社。主にITベンチャーを担当し、8社約40億円の投資を実行(IPO2社)。主な投資実績はMoney Forward、Chatwork、WACUL等。事業側では、投資先に出向、取締役として事業立上、IPO準備を推進。現在は、投資先支援の全体統括を担当。

奥山 恵太経済産業省 経済産業政策局 産業人材課 課長補佐
奥山 恵太経済産業省 経済産業政策局 産業人材課 課長補佐

2010年経済産業省入省後、プロマネ業務に従事。米国留学中、米国投資ファンドで財務モデリング・バリューアップ、小型電池製造スタートアップで経営支援を実行。2018年帰国の後、「出向起業」補助制度を企画し、大企業等社員による資本独立性のある起業を後押し。

演習およびメンター制度The Exercise and Mentoring System

演習の前半では、各自が持ち込んだ実事業のアイデアについて、インタビュー等を通してニーズ検証を行い、プロダクト仮説をブラッシュアップします。前半の最後には、事業計画の骨子をまとめ、メンター向けにピッチを行い、フィードバックを得ます。

演習の後半では、事業の骨子に加えて、収益性、スケール、実現可能性の観点も検討し、事業計画書を作成します。講義最終回では投資家を想定した最終報告会を行い、後日、各受講生の所属企業内でも報告会を設けます。また、講義終了の半年後には卒業生を集め、半年間の成果報告会を実施します。

メンタリングについては、前半の検証プロセスはuTIEスタッフと外部メンターの2人体制、後半の事業計画作成はuTIEスタッフの1人体制となります。外部メンターとのセッションは隔週で実施します。

開催場所Venue

当カリキュラムは、社会人教育を手掛ける東大子会社「東京大学エクステンション」と連携し、大手町で開講予定です。
大手町の教室で講義を行うほか、共有スペース「uTIEラウンジ」も、当カリキュラムの受講者に対して開放いたします。

※コロナ禍等の状況を鑑み、一部、もしくは全てオンラインで開催する可能性があることを予めご了承ください

東京大学エクステンション

サービス概要Service Overview

料金・利用条件

料金:100万円/人(税別)
人数:1社あたり1チーム、最大2名
条件:受講者を業界エキスパートとして登録
申込期限:開講2ヶ月前

※申込期限を過ぎても受付が可能な場合がございます。お問い合わせください。

備考

備考1:業界エキスパートには、スタートアップ会員からの要望に応じる形で、インタビューの実施をお願いさせていただきます。詳細は申込時にお渡しする会員規約をご確認ください。
備考2:受講者数の上限がございますので、誠に勝手ながら、お申し込み後に受講生との面談を設け、審査を実施させていただきます。

スケジュール

4月・10月スタートの2セメスター制
初回セメスターは2021年10月に開講
第2期は2022年4月に開講予定

注:講義内容や講師はセメスターごとに変更となり得る点はご了承ください

お問い合わせContact Us

サービスに関する質問や入会希望など、各種お問い合わせは以下フォームよりお寄せください。